5.基礎知識

プラセンタの使用法

投稿日:

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s
プラセンタエキスを注射
メルスモンやラエンネックといった注射薬があります。メルスモンは更年期障害などの治療薬として、ラエンネックは肝硬変の治療薬として厚生労働省から認可されています。ヒト胎盤を原材料とした医薬品ですので、医療機関でしか投与を受けることはできません。また、プラセンタの注射を受けると献血ができなくなる制限をがあります。

ドリンクタイプ
プラセンタエキスを液状にしたドリンクタイプです。サプリメントより吸収性や即効性に優れると言われています。プラセンタの含有量が原液ベースで記載されていることが多いため、数千、数万mgと書かれていますが原末ベースで計算しなおすと数百mgとなりますのでプラセンタの配合量自体はサプリと同等程度です。また液体ですので飲むほどビンがたまることや、1本くらいなら問題ありませんが長期旅行などの場合は持っていくのに重くなるというデメリットがあります。

サプリメント
ハードカプセルタイプ、ソフトカプセルタイプ、錠剤タイプがあります。ハードカプセルタイプは内容量が多くなるメリットがありますが、プラセンタ特有のニオイを閉じ込めにくいということと、内容物の劣化がしやすいというデメリットがあります。ソフトカプセルタイプは密封性が高いため、ニオイを抑えられるのがメリットですが構造上オイルと半分程度混入する必要があるため内容量が少なくなるデメリットがあります。

美容液などのコスメ製品
プラセンタを体内に取り入れるのではなく、肌の上に塗る方法でもプラセンタは美容効果を発揮します。美容液やクリーム、化粧水など各種コスメ製品に使用されています。

-5.基礎知識

Copyright© プラセンタ初心者向け完全ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.