5.基礎知識

豚プラセンタサプリメントについて

投稿日:2016年3月15日 更新日:

7a199e20b24df9f577d7d72fa61ca031_s
動物性プラセンタサプリメントは、馬、豚、羊が日本国内では主に流通しています。豚プラセンタはその中でも一番調達が容易ですので価格も羊や馬と比べると安いものが多いです。またプラセンタは独特のニオイがあるのですが、馬プラセンタはニオイがキツイことが多く、豚は比較的ニオイが少ないものが多いです。
10種類の豚プラセンタサプリメントを調べましたが、4種類が原料が海外から輸入しています。輸入元はイタリアやスペイン、デンマークです。のこり6種類が日本国内産ですが、その中でもSPF豚と呼ばれる、総生産量の8%しかいない豚を使用しているのが2種類です。

豚プラセンタサプリでお勧めは、1日当たりのプラセンタ原末が200mgと少ないが初回が500円、ランニングが2,470円と価格押しでステラマリア、金額的には2,700円とやや上がるけど、1日当たりのプラセンタエキス原末が336mgのプラセンタビューティアップですね。
安全性重視なら、SPF豚を原料としているプラセンタエクセレントがおすすめです。






-5.基礎知識

Copyright© プラセンタ初心者向け完全ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.