5.プラセンタの基礎知識

豚プラセンタのメリット・デメリット

投稿日:


豚プラセンタと馬や羊プラセンタとを比較してのメリットやデメリットについて書いていきます。
まずメリットといえば、やっぱりその価格です。馬プラセンタは出産が1回に1頭であること、出産回数も1年に1回であることから希少であるあるため価格は高いです。羊もスクレイピー病という狂牛病に似た伝染病に感染している可能性があるため厚生労働省が使用を禁止しています。そのため輸入に頼るしかないため希少性が高くこれも高額になっています。豚は一度に複数頭を出産し、出産回数も年に2回あるので胎盤が馬や羊と比べて入手しやすくなっていますので価格もお手頃です。他には馬と比べると人の分子構造に似ているため、体内でなじみやすく吸収されやすいことですね。

デメリットは出産頭数や出産回数が多いために胎盤がしっかりとした器官でなく膜のような形状のために、アミノ酸などの含有量が少ないことです。といっても胎盤には成長因子や栄養分が豊富であることは間違いありません。また、豚は一か所に多頭数が飼育されるために県戦勝などが懸念されるために抗生物質やワクチンを投入せざるを得ない環境で育ちます。そのために胎盤の加工時に殺菌処理を厳重にする必要がありその過程で有用成分が破壊されて、効果が落ちることです。
良環境で飼育されたSPF豚が注目されているのもそういった理由があります。

-5.プラセンタの基礎知識

Copyright© プラセンタ初心者向け完全ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.