5.基礎知識

プラセンタサプリと更年期障害

投稿日:2017年2月22日 更新日:


早い人だと、40代前半には更年期障害が始まると言われています。更年期の代表的な症状はホットフラッシュといわれるのぼせたり、大量の汗がふき出したりする症状があげられます。
女性は40代前後から女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少していきます。このエストロゲンの減少が原因で更年期障害が引き起こされます。最も効果的な療法は医療機関で行われているホルモン補充療法(HRT)です。エストロゲンを投与するこの療法は十分な効果が出ている療法ですが、乳がんを患った方には治療ができないことや、子宮内膜癌や乳がんになる確率が高まるリスクがあります。
プラセンタサプリも更年期障害を改善する効果があります。HRTが行えない人には病院でもプラセンタサプリが処方されます。
プラセンタにはエストロゲンの減少を抑える効果と生成を促す効果があります。更年期で女性ホルモンをつくる力が弱っている場合は、プラセンタサプリで改善の効果が期待できます。また、プラセンタには内分泌系を調整する作用、自律神経を調整する作用があるため、更年期のイライラや憂うつな気持ちなることにも効果が期待できます。

-5.基礎知識

Copyright© プラセンタ初心者向け完全ガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.