5.基礎知識

プラセンタの基礎知識

投稿日:2017年2月24日 更新日:

コラーゲンペプチド、セラミド、ヒアルロン酸などと並んで注目されている美容成分がプラセンタです。
プラセンタと言っても、種類も使用法もいろいろとあります。使用法ではドリンクタイプやサプリメントタイプ、美容液やクリームなどに含まれていて肌に塗るタイプ、注射で直接体内に取り入れるという方法もあります。

プラセンタは日本語では、胎盤といい妊娠時に子宮内に作られて、母体と胎児をつなぎ、栄養分などを絨毛といわれる器官を通してやり取りして出産まで機能します。プラセンタの薬理作用は美白効果・シワやたるみの改善・基礎代謝の活性化・ホルモンバランスを整える・疲労改善・痩身作用・自律神経を整える作用・ストレス改善・血液調整・造血作用・免疫強化作用・精神安定作用・抗炎症作用などと非常に多様な効果・効能があるとされています。その幅広い効果を利用して世界中でプラセンタを使用した美容製品や医薬品がつくられています。

プラセンタは動物性・植物性・海洋性の種類に分けられますが、厳密にいうと植物性と海洋性はプラセンタではないのですが効果・効能が非常に似ているためプラセンタの一種と認識されています。植物性は胎座といわれる部分のことを言います。メロンの種と実の間にあるやわらかい部分が胎座です。海洋性はサケの卵巣膜をプラセンタとされています。
動物性は、現在日本国内では、ヒト・馬・豚・羊のプラセンタが主に流通しています。ヒトの胎盤は、医療用に限定されていますのでサプリや美容液には使用されていません。羊は、狂牛病に似た伝染病であるスクレイピー病のために国内での使用は禁止されているので基本的に流通しているサプリは輸入されたものです。狂牛病が騒がれる前は、牛のプラセンタが一番使用されていたようです。

サプリの形状としては、ハードカプセルタイプとソフトカプセルタイプと錠剤タイプがあり、またプラセンタのみに特化したタイプとコラーゲンやヒアルロン酸などのプラセンタ以外の美容成分が入っているタイプという区分もあります。

当サイトでは、プラセンタサプリメントをランキング形式で紹介していますのでよかったら参考にしてい下さい。

プラセンタサプリランキング

-5.基礎知識

Copyright© プラセンタサプリランキング , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.