5.基礎知識

プラセンタとうつ病

投稿日:2017年3月2日 更新日:

PR



うつ病は、眠れない、食欲が出ない、気持ちがすごく落ち込む、何をやっても楽しくないなどの状態が延々と続きます。
仕事や日常生活にも支障をきたすほどの強い症状が現れることもよくあります。

原因としては、精神的や身体的なストレスが過度に蓄積し、発散することができない状態が長期間継続すると脳機能に障害が発生し発症するようです。
現在、うつ病の原因は明確なメカニズムとして解明されていませんが、情動行動を制御する神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンの機能低下が関係している可能性に注目されています。

うつ病の原因が女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することであったり、男性ホルモンの減少によって更年期障害になりうつ病が発症する場合がありますが、その場合にはプラセンタ療法を摂り入れることがあります。
抗うつ薬を使うと肥満、やる気の減退、嘔吐、抗うつ剤への依存などの大きな副作用が起こる可能性があるため、プラセンタを医療現場でも使用することがあります。

プラセンタには、ホルモンバランスを整えたり、自律神経失調症の改善の効果があるためうつ病の治療として、プラセンタ注射やプラセンタサプリを治療に取り入れている医療機関もあります。

医療現場でもサプリを投与する場合もあるようなので、うつ病の症状によっては効果があります。
プラセンタサプリは副作用がないので試してみるのもいいかもしれません。

当サイトでは、プラセンタサプリメントをランキング形式で紹介していますのでよかったら参考にして下さい。

プラセンタサプリランキング

-5.基礎知識

Copyright© プラセンタサプリランキング , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.